バストアップに効果があるプエラリアですが、必ず容量用法を守って飲むようにしてください。 そうしないと、生理不順や肌荒れ、下痢、便秘といった副作用が現われる可能性があります。 それに、プエラリア配合の商品の注意書きに記載されていると思いますが、授乳中は飲まないようにしてください。 授乳中の時期は女性ホルモンの分泌が活発になっているので、わざわざプエラリアを飲む必要がありません。 もし、この時に飲んでしまうと、女性ホルモンが過剰に分泌してしまい、何らかの副作用が現われる可能性が高いです。 女性ホルモンの分泌が過剰になると、乳がんや子宮がんといった女性特有の病気を発症させる原因になってしまいます。 そのため、女性ホルモンの分泌が活発になっている授乳中は飲まないようにしましょう。 また、同じように、生理中や妊娠中も極力飲むのを控えたほうが良いといわれています。 仮に授乳中などに飲みたい場合は、担当の医師に飲んでも問題ないかどうか必ず相談するようにしてください。